読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

影の踏めないシャンデリア

シャンデラ使ってません

はじめに

こんにちは、にとろというHNでTwitterポケモン等しています

 

[過去の戦績]

S10 2001

S11 2035

S12 2061

S13 2102

S14 2117

S15 2117

S16 2156

 

Twitter:@Nitropoke

ポケモン

ザードンを使った感想

 

リザードンを使うなら最低限ガブリアスの上を取れるポケモン、物理ATに対する引き先、カプ・テテフに対する引き先(主に鋼タイプ)、2体目のメガ枠が欲しいと思いました

 

・。・

【SMシーズン1使用構築】グッドスタッフ【最高2057】

ポケモン 構築

f:id:Nitro_Charge:20170109005434p:image

f:id:Nitro_Charge:20160630215817g:plainf:id:Nitro_Charge:20150419141948g:plain

f:id:Nitro_Charge:20170106212653g:plain f:id:Nitro_Charge:20170111173026g:plain

f:id:Nitro_Charge:20170111173103g:plainf:id:Nitro_Charge:20160216145737g:plain

ガルガブゲン+7世代のポケモンを組み合わせた所謂グッドスタッフと呼ばれる構築を使用しました

 

※以下常体

[個別解説]

f:id:Nitro_Charge:20160630215817g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

意地っ張り

努力値:H212 A236 B12 D20 S28

実数値:207-192-122-*-123-124

技構成:猫騙し/捨て身タックル/地震/不意打ち

 

積みに対してのストッパーや対面性能を高めるといった理由で猫騙し+不意打ちを採用するところからスタート

残りの2ウェポンは鋼や電気への打点となる地震と最大火力である捨て身タックルを採用

6世代を含めても猫捨て身ガルーラをレートで使用するのは初めてだったが、非常に使いやすかった

 

f:id:Nitro_Charge:20150419141948g:plain

ガブリアス@気合の襷

陽気

努力値:AS252 B4

実数値:183-182-116-*-105-169

技構成:逆鱗/地震/炎の牙/剣舞

 

積みに対するストッパーの役割を持たせたり、有利対面で崩せるようにするために持ち物は気合の襷

炎の牙は面倒なテッカグヤ、ハッサムに対する打点となるため採用

 

f:id:Nitro_Charge:20170106212653g:plain

カプ・コケコ@電気Z

臆病

努力値:H156 B4 C92 D4 S252

実数値:165-*-106-127-96-200

技構成:10万ボルト/マジカルシャイン/瞑想/羽休め

 

構築単位でポリゴン2に対して薄いため、ポリゴン2を起点に相手を崩すことができる瞑想コケコ

他にもZ技で無振りメガボーマンダを、1積みZでH振りのギルガルドを倒すことができたりとC振りが活きた場面が多かった

ある程度HPに振ったことで多くのポケモンの不一致地震を耐えることができた

 

f:id:Nitro_Charge:20170111173026g:plain

カプ・テテフ@拘りスカーフ

控えめ

努力値:CS252 B4

実数値:145-*-96-200-135-147

技構成:サイキネ/ムンフォ/10万ボルト/シャドボ

 

舞ったメガギャラドスの上から殴れる準速カプ・テテフ

ルカリオ入りやエスパーの一貫がある相手に積極的に選出していた

初めは耐久振りのスカーフテテフを使用していたが、メガギャラドスを抜けず苦戦することが多かったため調整を変えて最終的にCSで使用していた

 

f:id:Nitro_Charge:20170111173103g:plain

テッカグヤ@残飯

陽気

努力値:H228 D28 S252

実数値:201-121-123-*-125-124

技構成:ヘビーボンバー/宿り木/身代わり/守る

 

遅いマンムーや速いギルガルドの上から行動できる最速テッカグヤ

超妖竜地の一貫を切るために選出したり、相手のマンムーを誤魔化すために選出していた

ビーストブーストでのS上昇にあまり恩恵を感じなかったためDが上昇するように調整

パルシェンの氷柱針を耐えられずに負けた試合が多かったためある程度Bに割いた個体を使用しても良かったかもしれない

  

f:id:Nitro_Charge:20160216145737g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

臆病

努力値:H188 B4 C4 D60 S252

実数値:159-*-101-191-123-200

技構成:シャドーボール/滅びの歌/守る/道連れ

 

ミラーに対しある程度強く出ることができる配分のゲンガー

受け回し、バトンパのような構築やガルーラが選出できない場合に選出していた

積みアタッカーに対し確実に滅びのターンを稼ぐことができ、道連れの連続使用による失敗を防ぐための守るを採用

オニゴーリに怯えて最後まで滅びを切ることができなかったが、もっといい型があったかもしれないので要検討

 

f:id:Nitro_Charge:20170115031606j:image

シーズンを通して対面構築を使用したのは6世代を含めても初めてでしたが、無事2000に到達することができました

2100には届かなかったのでシーズン2以降でしっかりとした結果を出していきたいと思います

 

ここまで読んでくださりありがとうございました

何かありましたらブログのコメントかTwitter(@Nitropoke)までお願いします

カバリザの組み方

どうもこんにちは

自分はシーズン8、13〜17にかけてカバリザXという並びを使ってきました

 

カバリザYならば2体の特性により天候リセットが可能になり、カバリザXであればカバルドンで受けて切り返し際のサポートからリザードンの全抜き体制を作るというように、XY共にカバルドンと相性の良い並びとなっています

 

が、シーズンが進むにつれてだんだんと数を減らしてしまっているのが現状です

ですが有名な並びの一角であることに違いはありません

 

自分は特にカバリザXを好んで使用していましたが、構築を組む際に気を付けていた点をいくつか挙げていきます

(あくまで6世代の時の自分なりの組み方です)

 

・まず構築を作る際にはリザードンと相性が良くてクレセドランに強い駒を真っ先に考えていました

当然カバリザXではクレセドランを突破することが不可能です

 

各シーズンごとに

シーズン8、15:カゴスイクン

シーズン13:ラムゲッコウガ

シーズン14:カバルドン展開+催眠気合玉ゲンガー(結構クレセドランを突破するのがきつかった)

シーズン16〜17:眼鏡ゲッコウガ

 

でした、ゲッコウガスイクンリザードンとも相性が良く使いやすかったです

 

・次に、2つ目のメガ枠をガルーラかゲンガーのどちらかにするか考えていました

6世代において、ガルーラとゲンガーは非常に強力なメガシンカであるため(ボキャ貧)、必ずどちらかは採用しようと決めていました

 

各シーズンごとに

シーズン13、16〜17:ガルーラ

シーズン8、14〜15:ゲンガー

 

でした

特定の構築の処理をリザードンに任せ、ガルーラスタンのような環境の大半を占める構築にはガルーラ(ゲンガー)@2と選出できるように構築を組んでいました

 

・3つ目はボルトロスを絶対に採用することでした

リザードンで起点にする電気タイプを誘いつつリザードンの苦手なマリルリなどへの対抗策となったり、構築単位で浮いているポケモンを採用するという意味でも採用する価値があると感じています

選出画面でも常に睨みを利かせているため、相手にボルトロス対策のポケモンを選出させるという仕事も担っていました

 

・4つ目は個人的にとても嫌いなポリゴン2を楽に倒すポケモンを採用することでした

??ろ「あーポリ2キモいキモいキモいキモい」

主に毒ガルド、瞑想スイクンキノガッサを採用することでポリゴン2を対策していました

特にギルガルドはフェアリーやドラゴンの一貫を切るという意味でも採用価値は高かったです

 

・最後に、リザードンはKP上位のポケモンに弱いことを念頭に入れて構築を組むことです

 

リザードンはガルーラ、ガブリアスボルトロス(麻痺が入って裏に処理されてしまう)などに全く歯が立ちません

リザードンYのオーバーヒートでガルーラを倒せるとはいえ、結局は最悪同速ですし猫騙し+不意打ちで処理されてしまうこともあります

リザードンXもボルトロスに麻痺を入れられて機能停止、最近増えた陽気スカーフガブリアスに全く歯が立たないなど不利を取ってしまいます

そのため、前述したように自分はガルーラかゲンガーを主軸とした選出でKP上位のポケモンで組まれた並びに勝てるよう思考していました

 

f:id:Nitro_Charge:20161113183348p:image

で、最近は考えてPTを組んでいると必ずこうなります(完)

この並びはカバリザ使いの間でも特に完成された並びと言われており、自分もこの並びを使用して毎シーズン安定して2000以上を達成することができました

 

ここまで読んでいただきありがとうこざいました

7世代でリザードン使いが増えることを祈っています

質問、指摘等あればTwitter @Nitropokeかブログのコメントまでお願いします

幻のシーズン18

構築

で使おうとしてた構築

f:id:Nitro_Charge:20161017023134p:image

最も結果を残したシーズン16の構築を改善しつつ、ガルーラ+カバルドンゲッコウガの強みを最大限に活かすことを意識して組みました

変更点はガルーラだけだったりします

 

[個別解説]

f:id:Nitro_Charge:20150314190433g:plain

カバルドンゴツゴツメット

腕白

215(252)-132-187(252)-*-93(4)-67

地震/岩石封じ/欠伸/怠ける

 

ガルーラ+ゲッコウガで重いクチートバシャーモのような物理メガや、ゲッコウガでは対応できないスカーフガブリアス、剣舞ファイアローに安定して投げることができる

最大火力の地震に加え、サブウェポンはウルガモスファイアローに打点がありS操作ができる岩石封じを採用

 

f:id:Nitro_Charge:20160913035633g:plain

リザードン@メガ石

陽気

167(108)-177(212)-131-*-105-158(188)

ドラゴンクロー/フレアドライブ/竜の舞/羽休め

 

ナットレイ、リザYなどガルーラでは面倒な相手に対して刺していける

サザンドラマンムーに対して上から殴られてしまうため陽気での採用となったが、陽気にすると意地スカガブに対して強くなれることも大きかった

逆鱗を採用してしまうと柔軟な立ち回りが見込めないためドラゴンクロー、有利対面で積むための竜の舞と場持ちを良くするための羽休めを採用している

 

f:id:Nitro_Charge:20160630215817g:plain

ガルーラ@メガ石

意地っ張り

191(84)-192(236)-134(108)-*-130(76)-119

※S個体値29

特性:精神力→親子愛

秘密の力/ドレインパンチ/冷凍パンチ/噛み砕く

 

配分は某ブログから

カバルドンでガルーラを見ようとして冷ビで倒されてしまっては本末転倒なためガルガル対面で居座ることができるようにドレインパンチを採用した

それでも猫騙し→ゴツメ引きの立ち回りを頻繁にされたので精神力+秘密の力を採用した

相手のガルーラが居座った場合とゴツメ持ちに引かれた場合の2つに対応できるようになったため前シーズンまでの課題点は改善することができた

副産物として相手のゴツメ持ち(特にカバルドン)が回復するタイミングにゲッコウガを繰り出して安全に倒すことができるようになった

そして構築単位で薄めなキノガッサランドロスへの打点になるため不意打ちを切って冷凍パンチを採用したが、好みで冷凍パンチや噛み砕くの枠を不意打ちにしても良いと感じた

D振りにより珠ゲンガーの気合玉や眼鏡サザンドラの流星群を高乱数で耐えて返しの攻撃で倒すことができた

 

f:id:Nitro_Charge:20150314190544g:plain

ボルトロス@オボンの実

臆病

172(140)-*-92(16)-158(100)-100-179(252)

10万ボルト/めざ氷/挑発/悪巧み

 

露骨な壁展開、レパガッサなどの害悪、受けループといった構築に対し非常に強い駒

電磁波を切って挑発を採用する形となったがバシャーモゲッコウガのような高速アタッカーには構築単位である程度厚くしているため気にならなかった

最速挑発を想定されないことがほとんどだったことからレパガッサ系統にはeasywinできた

 

f:id:Nitro_Charge:20160119184740g:plain

ゲッコウガ@拘り眼鏡

臆病

147-*-88(4)-155(252)-91-191(252)

波乗り/悪の波動/冷凍ビーム/草結び

 

カバルドンクレセリアスイクンのようなゴツメ持ちに後出しして切り返しを狙う

技構成は環境に存在する多くの相手に抜群を取ることができるこの4つで確定

初手で出し勝ちしてアドバンテージを稼ぐこともできるため非常に強力だったが、初手にゲッコウガが来ることを想定した選出が非常に多かったため、基本的に先発では出さず後発に置くことが多かった

 

f:id:Nitro_Charge:20160630220155g:plain

ギルガルド@食べ残し

控えめ

161(204)-49-171(4)-86(68)-172(12)-108(220)

シャドーボール/毒々/身代わり/キングシールド

 

ここまでで面倒なポリゴン2入りに対して強く出ることができ、竜妖の一貫を切る駒として毒々ギルガルドを採用

グロウパンチを採用していないガルーラや眼鏡ゲッコウガでは輝石持ちのような指数受けの崩しに欠けているため毒ガルドを採用したことで簡単に崩すことができた

毒を入れさえすれば単純な立ち回りでもサイクルを有利に回すことができるため非常に強力だった

安易にこのポケモンをガルーラに後出しすると返り討ちにあってしまうため、相手のガルーラはこちらのガルーラやカバルドンで処理することを意識する

 

[基本選出]

・ガルーラ+カバルドンゲッコウガ

相手の初手ゲッコウガを意識した選出に対して初手ガルーラをぶつけ、有利に立ち回る。

ゴツメ持ち(クレセリアカバルドンスイクン)に引かれた際に崩しとなるゲッコウガ、強力な物理受けであるカバルドンの2体を裏に添える選出。

厨パの並びに対してもこの選出が一番多かった。

 

リザードンカバルドン+α

リザードンで全抜き、崩しが見込めると思った場合の選出で、特にマンダマンムースイクン、バシャサンダーナット、オタクサイクルに対してはこの選出が多い。

 

ボルトロスカバルドンリザードン

主に害悪に対する選出で、挑発ボルトロスで威張るを封じる。相手のボルトロスを突破した後オニゴーリを出されたり、メタモンにこちらのボルトロスをコピーされても捨て気味に挑発を打ってリザードンで倒すことができるため勝率はかなり良かった。

 

・メガ枠+ギルガルド+α

ポリゴン2ギルガルド以外で崩せないため、ポリゴン2がいる場合はこの選出。

ポリゴン2に毒が入るまでギルガルドを大事に扱いながら立ち回る。

低レート帯のよく分からない耐久ポケモンに対してもギルガルドが刺さる場合が多かった。

 

ボルトロス+メガ枠+ギルガルド

主に受けループに対しての選出。

ガルーラ、リザードンX意識のヤドラン

リザードンY、ボルトロス意識のラッキー

ギルガルド意識のグライオン

の3体が選出されるため、ボルトロス1匹で純正受けループは壊滅することが多かった

 

[まとめ]

ゴツメ枠をカバルドンにするにあたって最も警戒すべきポケモンは冷ビガルーラだと思っているため、上手くメタが機能したと思います

カバリザの並びに入るガルーラはドレインパンチを搭載したガルーラ一択だろうと感じる程でした

今回は精神力秘密ドレパンガルーラにしたことで課題であった猫騙し→クレセバックの立ち回りにも対応できるようになりました

 

結構真面目に考えてましたがアニメ見たりソシャゲやってたらシーズンが終わってました

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました

ORAS振り返り

便乗です(。-_-。)

自分はORASからまともにポケモン対戦を始めました

Twitterでたくさんの方と出会い、Skypeで意見交換をしたり一緒にレートしたりと恵まれていた方だと思っています

 

【シーズン7】最高1961

 f:id:Nitro_Charge:20150802194626p:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111036p:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111639p:plainf:id:Nitro_Charge:20150916183355p:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111648p:plainf:id:Nitro_Charge:20160914222401p:plain

ポケモン初心者なりにボーマンダミミロップなど増えそうなメガ枠にメタを貼って組んでみた

が、ガルガブがあまりにも重かった

 

【シーズン8】最高1981

 f:id:Nitro_Charge:20150508025806p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508023700p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508034139j:plainf:id:Nitro_Charge:20150508035406j:plainf:id:Nitro_Charge:20150508032219j:plainf:id:Nitro_Charge:20150508031232j:plain

某強者がカバリザXを使って2200を達成していたことに感銘を受けてカバリザXを使おうと決め、自分なりに組んでみた

グロウガルーラ+スカーフガブリアスにあまりにもボコボコにされたが、この時の経験が後々に繋がったと思っている

 

【シーズン9】最高????

うーん、うん!W

(。•́︿•̀。)

 

【シーズン10】最高2001

f:id:Nitro_Charge:20150508023700p:plain f:id:Nitro_Charge:20150711235922p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508031232j:plainf:id:Nitro_Charge:20150712005041p:plainf:id:Nitro_Charge:20150712012622p:plainf:id:Nitro_Charge:20160914222401p:plain

リザジャロスイクンという並びに出会い、初めて2000に到達することができた

が、何故この構築で勝てたのか未だに分からない

 

【シーズン11】最高2035

 f:id:Nitro_Charge:20150508035406j:plainf:id:Nitro_Charge:20150712005041p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508031232j:plainf:id:Nitro_Charge:20150508023700p:plainf:id:Nitro_Charge:20150712012622p:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111648p:plain

100戦以内に2000、そして2000から初めて潜ったシーズン

仲が良いフォロワーにキノガッサが強いと言われて組んでみたPT

キノガッサの通りがあまりにも良く、メガゲンガーの強さを実感したシーズン

 

【シーズン12】最高2061

 f:id:Nitro_Charge:20150712005041p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508023700p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508034139j:plainf:id:Nitro_Charge:20150508035406j:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111648p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508031232j:plain

シーズン11のPTのサンダーをボルトロスにすれば強いのでは?から始まって組んでみたPT

ここから毎シーズンボルトロスが入るようになった

目標としていた2050を越えることが出来た

 

【シーズン13】最高2102

 f:id:Nitro_Charge:20150508025806p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508023700p:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111026p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508034139j:plainf:id:Nitro_Charge:20151217163338p:plainf:id:Nitro_Charge:20150528212353p:plain

カバリザガルーラボルトゲッコウガギルガルドの並びに出会ったシーズン

初めてガルーラを使ったのがこのシーズンだということがよく分からない

このPTに出会って2100に到達出来たことで今の自分があると思っている

 

【シーズン14】最高2117

 f:id:Nitro_Charge:20150508025806p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508023700p:plainf:id:Nitro_Charge:20151217163949p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508034139j:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111648p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508035406j:plain

カバルドン展開、パルシェンを使いたくて組んだ構築

身代わり催眠ゲンガーはもう使いません(._.)

 

【シーズン15】最高2117

〜2012f:id:Nitro_Charge:20150508025806p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508023700p:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111026p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508034139j:plainf:id:Nitro_Charge:20151217163338p:plainf:id:Nitro_Charge:20150528212353p:plain

〜2117f:id:Nitro_Charge:20150508025806p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508023700p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508034139j:plainf:id:Nitro_Charge:20150508035406j:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111648p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508031232j:plain

2012までの構築があまりにも冷ビガルーラが重く、後のシーズン16のPTに繋がるシーズンだった

2117まではゲンガー+カバルドン+カムラボルトというCDG4に勝てる並びで挑んでいた

 

【シーズン16】最高2156

 f:id:Nitro_Charge:20150508025806p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508023700p:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111026p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508034139j:plainf:id:Nitro_Charge:20151217163338p:plainf:id:Nitro_Charge:20150528212353p:plain

シーズン15での問題点であった冷ビガルーラに対する一つの回答を見つけたシーズン

カバリザの結論に近づいたPTになり、2100↑からレート強者ともたくさん対戦できたので楽しいシーズンになった

次の日期末考査でした…(単位はちゃんと取れた)

 

【シーズン17】最高2088

最終日までf:id:Nitro_Charge:20150508025806p:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111026p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508034139j:plainf:id:Nitro_Charge:20150508035406j:plainf:id:Nitro_Charge:20160914223612p:plainf:id:Nitro_Charge:20151217163949p:plain

最終日~ f:id:Nitro_Charge:20150508025806p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508023700p:plainf:id:Nitro_Charge:20150805111026p:plainf:id:Nitro_Charge:20150508034139j:plainf:id:Nitro_Charge:20151217163338p:plainf:id:Nitro_Charge:20150528212353p:plain

バイト!バイト!バイト!バイト!スマブラスマブラスマブラスマブラスマブラ!レリセ!レリセ!レリセ!レリセ!レリセ!

こんなことしてたので勿論レートは上がりませんでした…

 

 

長くなりましたが、ここまで読んでくださった方、ORASレートで対戦してくださった方、Twitterで仲良くして下さった方、ありがとうございました!

これからもよろしくお願いします!

【単体考察】ラムカバルドン

f:id:Nitro_Charge:20160822224846p:image

カバルドン@ラムの実

性格:腕白or慎重

努力値:お好みで

技構成:地震/欠伸/ステロ/吹き飛ばし

 

起点を作成するポケモンの中でも特に優秀なカバルドンにラムの実を持たせることで確実な展開が出来ると感じ、シーズン15でラムの実を持たせたカバルドンを採用した

 

理由として、当時の環境ではカバルドンにキノコの胞子を打ってから次ターンに剣の舞をしてくるキノガッサが非常に多く、そこに対するメタとなり得たため

副産物として環境に多い冷凍ビームや秘密の力を搭載したガルーラに対し行動保証が確立されていたり、催眠ゲンガーに臆せず選出することができた

 

反面、ゴツメを持たせていないことにより削り性能が落ちてしまうことがネック

しかし、上記のようにガルーラがカバルドン対面で非接触技を打ってくることがほとんどであったためあまり気にならなかった

 

努力値はHに振るのはもちろん、多くのポケモンに対して行動保証を確保するためにDに振ったカバルドンが強いと感じたので多めのD振りを推奨

お好みでクチートを抜けるようにSに割くのも一考

 

技構成は地震/ステロ/欠伸/吹き飛ばしの4つ

ステロ、欠伸、吹き飛ばしは起点を作成するうえで無くてはならない技なので確定

地震は岩石封じとの選択になるが、最大火力でありバシャーモギルガルドクレッフィへの打点になる地震を推奨

 

運負けと呼べる試合が減らせるため、展開構築ならば採用する価値がある型の1つであると感じた