読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

影の踏めないシャンデリア

シャンデラ使ってません

幻のシーズン18

で使おうとしてた構築

f:id:Nitro_Charge:20161017023134p:image

最も結果を残したシーズン16の構築を改善しつつ、ガルーラ+カバルドンゲッコウガの強みを最大限に活かすことを意識して組みました

変更点はガルーラだけだったりします

 

[個別解説]

f:id:Nitro_Charge:20150314190433g:plain

カバルドンゴツゴツメット

腕白

215(252)-132-187(252)-*-93(4)-67

地震/岩石封じ/欠伸/怠ける

 

ガルーラ+ゲッコウガで重いクチートバシャーモのような物理メガや、ゲッコウガでは対応できないスカーフガブリアス、剣舞ファイアローに安定して投げることができる

最大火力の地震に加え、サブウェポンはウルガモスファイアローに打点がありS操作ができる岩石封じを採用

 

f:id:Nitro_Charge:20160913035633g:plain

リザードン@メガ石

陽気

167(108)-177(212)-131-*-105-158(188)

ドラゴンクロー/フレアドライブ/竜の舞/羽休め

 

ナットレイ、リザYなどガルーラでは面倒な相手に対して刺していける

サザンドラマンムーに対して上から殴られてしまうため陽気での採用となったが、陽気にすると意地スカガブに対して強くなれることも大きかった

逆鱗を採用してしまうと柔軟な立ち回りが見込めないためドラゴンクロー、有利対面で積むための竜の舞と場持ちを良くするための羽休めを採用している

 

f:id:Nitro_Charge:20160630215817g:plain

ガルーラ@メガ石

意地っ張り

191(84)-192(236)-134(108)-*-130(76)-119

※S個体値29

特性:精神力→親子愛

秘密の力/ドレインパンチ/冷凍パンチ/噛み砕く

 

配分は某ブログから

カバルドンでガルーラを見ようとして冷ビで倒されてしまっては本末転倒なためガルガル対面で居座ることができるようにドレインパンチを採用した

それでも猫騙し→ゴツメ引きの立ち回りを頻繁にされたので精神力+秘密の力を採用した

相手のガルーラが居座った場合とゴツメ持ちに引かれた場合の2つに対応できるようになったため前シーズンまでの課題点は改善することができた

副産物として相手のゴツメ持ち(特にカバルドン)が回復するタイミングにゲッコウガを繰り出して安全に倒すことができるようになった

そして構築単位で薄めなキノガッサランドロスへの打点になるため不意打ちを切って冷凍パンチを採用したが、好みで冷凍パンチや噛み砕くの枠を不意打ちにしても良いと感じた

D振りにより珠ゲンガーの気合玉や眼鏡サザンドラの流星群を高乱数で耐えて返しの攻撃で倒すことができた

 

f:id:Nitro_Charge:20150314190544g:plain

ボルトロス@オボンの実

臆病

172(140)-*-92(16)-158(100)-100-179(252)

10万ボルト/めざ氷/挑発/悪巧み

 

露骨な壁展開、レパガッサなどの害悪、受けループといった構築に対し非常に強い駒

電磁波を切って挑発を採用する形となったがバシャーモゲッコウガのような高速アタッカーには構築単位である程度厚くしているため気にならなかった

最速挑発を想定されないことがほとんどだったことからレパガッサ系統にはeasywinできた

 

f:id:Nitro_Charge:20160119184740g:plain

ゲッコウガ@拘り眼鏡

臆病

147-*-88(4)-155(252)-91-191(252)

波乗り/悪の波動/冷凍ビーム/草結び

 

カバルドンクレセリアスイクンのようなゴツメ持ちに後出しして切り返しを狙う

技構成は環境に存在する多くの相手に抜群を取ることができるこの4つで確定

初手で出し勝ちしてアドバンテージを稼ぐこともできるため非常に強力だったが、初手にゲッコウガが来ることを想定した選出が非常に多かったため、基本的に先発では出さず後発に置くことが多かった

 

f:id:Nitro_Charge:20160630220155g:plain

ギルガルド@食べ残し

控えめ

161(204)-49-171(4)-86(68)-172(12)-108(220)

シャドーボール/毒々/身代わり/キングシールド

 

ここまでで面倒なポリゴン2入りに対して強く出ることができ、竜妖の一貫を切る駒として毒々ギルガルドを採用

グロウパンチを採用していないガルーラや眼鏡ゲッコウガでは輝石持ちのような指数受けの崩しに欠けているため毒ガルドを採用したことで簡単に崩すことができた

毒を入れさえすれば単純な立ち回りでもサイクルを有利に回すことができるため非常に強力だった

安易にこのポケモンをガルーラに後出しすると返り討ちにあってしまうため、相手のガルーラはこちらのガルーラやカバルドンで処理することを意識する

 

[基本選出]

・ガルーラ+カバルドンゲッコウガ

相手の初手ゲッコウガを意識した選出に対して初手ガルーラをぶつけ、有利に立ち回る。

ゴツメ持ち(クレセリアカバルドンスイクン)に引かれた際に崩しとなるゲッコウガ、強力な物理受けであるカバルドンの2体を裏に添える選出。

厨パの並びに対してもこの選出が一番多かった。

 

リザードンカバルドン+α

リザードンで全抜き、崩しが見込めると思った場合の選出で、特にマンダマンムースイクン、バシャサンダーナット、オタクサイクルに対してはこの選出が多い。

 

ボルトロスカバルドンリザードン

主に害悪に対する選出で、挑発ボルトロスで威張るを封じる。相手のボルトロスを突破した後オニゴーリを出されたり、メタモンにこちらのボルトロスをコピーされても捨て気味に挑発を打ってリザードンで倒すことができるため勝率はかなり良かった。

 

・メガ枠+ギルガルド+α

ポリゴン2ギルガルド以外で崩せないため、ポリゴン2がいる場合はこの選出。

ポリゴン2に毒が入るまでギルガルドを大事に扱いながら立ち回る。

低レート帯のよく分からない耐久ポケモンに対してもギルガルドが刺さる場合が多かった。

 

ボルトロス+メガ枠+ギルガルド

主に受けループに対しての選出。

ガルーラ、リザードンX意識のヤドラン

リザードンY、ボルトロス意識のラッキー

ギルガルド意識のグライオン

の3体が選出されるため、ボルトロス1匹で純正受けループは壊滅することが多かった

 

[まとめ]

ゴツメ枠をカバルドンにするにあたって最も警戒すべきポケモンは冷ビガルーラだと思っているため、上手くメタが機能したと思います

カバリザの並びに入るガルーラはドレインパンチを搭載したガルーラ一択だろうと感じる程でした

今回は精神力秘密ドレパンガルーラにしたことで課題であった猫騙し→クレセバックの立ち回りにも対応できるようになりました

 

結構真面目に考えてましたがアニメ見たりソシャゲやってたらシーズンが終わってました

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました