【シーズン16使用構築】カバガルゲッコウガ【最高最終2156/最終38位】

f:id:Nitro_Charge:20160627235518p:image

f:id:Nitro_Charge:20160913035658g:plainf:id:Nitro_Charge:20160913035633g:plain

f:id:Nitro_Charge:20160630215817g:plainf:id:Nitro_Charge:20160913035738g:plain

f:id:Nitro_Charge:20160913035828g:plainf:id:Nitro_Charge:20160913035859g:plain

 

[構築経緯]

今回はカバルドン+ガルーラ+ゲッコウガから組み始め、リザードンを補完として採用した形の構築です。

「冷凍ビーム」を所持したガルーラや所謂厨パと呼ばれる6体の並びに対して、Twitterで話題になっていた「ドレインパンチ」を搭載したガルーラが刺さるのではないかと考えて構築を組みました。

 

[個別解説]

f:id:Nitro_Charge:20160913035658g:plain
カバルドン@ゴツゴツメット

腕白

努力値 HB252 D4

実数値 215-132-187-*-93-67

技構成 地震/岩石封じ/欠伸/怠ける

 

HBに振り切ることでガルーラやゲッコウガが強力な物理アタッカーと対面しても安定した引き先になることができる。

特に拘りスカーフを所持したガブリアスが後手から出てくることが多く、削りを入れつつ安全に受けることができた。

「岩石封じ」は相手することが多い「剣の舞」持ちのファイアローや相手のSを下げることができるため重宝した。

ファイアローに対してはまずカバルドンから入り、「鬼火」+「羽休め」の有無を確認してから回復のタイミングでリザードンやHPが満タンのゲッコウガを合わせることで処理していた。

 

f:id:Nitro_Charge:20160913035633g:plain

リザードン@リザードナイトX

陽気

努力値 H108 A212 S188

実数値

メガ前 167-131-98-*-105-158

メガ後 167-177-131-*-105-158

技構成 ドラゴンクロー/フレアドライブ/竜の舞/羽休め

 

カバガルの並びをリザードンYで対策する構築が一定数見られたため、そのような構築に対し刺すことができるリザードンXを採用。

ゲッコウガカバルドンナットレイで見ている構築に対して滅法強く、ガルーラとの相性も非常に良かった。

残飯ナットレイに対しては「羽休め」のPPが切れるまで居座り続けることができるため、選出段階でガブリアスが見えていた場合には「ドラゴンクロー」を打つこともあった。

Sのラインは最速ランドロス抜きとなっているが特に困ったことは無かった。

 

f:id:Nitro_Charge:20160630215817g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

意地っ張り

努力値 H132 A148 B228

実数値

メガ前 197-147-129-*-100-110

メガ後 197-180-149-*-120-120

技構成 空元気/冷凍パンチ/ドレインパンチ/噛み砕く

 

ガルーラをカバルドンで見ようとして冷凍ビームで倒されてしまっては本末転倒なので、ガルガル対面で居座ることができる「ドレインパンチ」を搭載したガルーラを採用した。

相手が初手にゲッコウガに強い駒を選出して対面処理を狙ってくることが多く、「噛み砕く」を搭載することでそのポケモンの裏に控えているゲンガーに対して当てることができれば簡単に勝つことができた。

別の型を使用していた際に、ガルーラミラーからカバルドンに引き、次のターンに「冷凍ビーム」を打たれる機会が非常に多かったため、ガルーラミラーで居座ることができるこの型は構築にぴったりと嵌った。

高レート帯ではガルクレセに猫騙し→クレセリア引きの動きをされることが多かったので特性を「精神力」にし、「秘密の力」を搭載したガルーラの方が終盤の環境に刺さっていたと感じた。

 

f:id:Nitro_Charge:20160913035738g:plain

ボルトロス@オボンの実

臆病

努力値 H140 B16 C100 S252

実数値 172-*-92-158-100-179

技構成 10万ボルト/めざめるパワー氷/挑発/悪巧み

 

害悪やギミック、ヌオー入り以外の受けループに強い挑発悪巧みボルトロス。型が読まれることがまず無かったため、純正受けループや終盤に突然増加するボルトゴーリに対して安定して勝ちを拾うことができる点が非常に優秀だった。

特に「挑発」が強く、相手がギルガルド1体になった場合に挑発を打って裏のポケモンで択無しで倒すなど、使い方を応用することで勝ち筋を増やすことができた。

他にも「悪巧み」を積むことで指数受けを崩したり、サイクルの中で地面の一貫を切るために選出していた。

 

f:id:Nitro_Charge:20160913035828g:plain

ゲッコウガ@拘り眼鏡

臆病

努力値 CS252 B4

実数値 147-*-88-155-91-191

技構成 波乗り/悪の波動/冷凍ビーム/草結び

 

ラムゲッコウガでは遅いガルーラが苦手とするサザンドラを一撃で倒せないなど火力不足が否めなかったため、クレセリアカバルドン入りに対して崩しの駒となれる拘り眼鏡を持たせたゲッコウガを採用。

厨パやガルクレセに多く採用されていた「瞑想」持ちのスイクンに対してはガルーラと同時に選出することで処理していた。

有利対面から相手を崩せたり、後発から一貫した技で抜いていけることがこのポケモンの強みであると感じた。

当然信用可能ゲッコウガのように対面からスカーフガブリアスを倒すことは出来ないため、そのような対面になった場合はカバルドンで受ける必要がある。

 

f:id:Nitro_Charge:20160913035859g:plain

ギルガルド@食べ残し

控えめ

努力値 H204 B4 C68 D12 S220

実数値 161-49-171-86-172-108

技構成 シャドーボール/毒々/身代わり/キングシールド

 

性質上ガルーラが指数受けを突破することを困難としているので相手の指数受け入りのサイクルを崩せる毒ガルドを採用。

竜や妖の一貫を切り、「毒々」でサイクルを有利にすることができた。

ポリゴン2、眼鏡ニンフィアヘラクロスキノガッサなどカバガルゲッコウガの並びで面倒な相手に刺していく。

あまり選出しなかったが、狙った構築に対しては全て勝つことができたので強力だった。

 

[まとめ]

シーズン13と同じ並びでもう一度2100に来れて最高レートも大きく更新できたので良かったです。

シーズン最終日は前日に2016から潜り、少し溶かして1950辺りからのスタートでしたが、カバガルゲッコウガの並びがよく刺さり勝ちを重ねることができました。

害悪や受けループに対してもボルトロスをキーとして選出すれば心穏やかに戦えたので安定してレートを上げることが出来る構築になったと思います。

 

[基本選出]

メガ枠+カバルドン+@1

メガ枠+ギルガルド+@1

 

[戦績]

シングルレート

TN:Flame♡Charge 最終レート:2112(102位)

f:id:Nitro_Charge:20160719144934j:plain

TN:にとろ 最終レート:2156(38位)

f:id:Nitro_Charge:20160719145015j:plain

 

第1回ぽわおふ

ブロック1位抜け(8-1) ベスト8

f:id:Nitro_Charge:20160719013628j:image

ここまで読んでくださった方、シーズン16で当たった方、ありがとうございました。

何かあればコメントかTwitter(@Nitropoke)まで

【シーズン14使用構築】ステロ展開カバリザX【最高最終2117/最終75位】

シーズン14お疲れ様でした。当たった方は対戦ありがとうございました!

最終日の夕方にサブロムが死んで諦めムードでしたが、メインロムが最終日の午前3時にに滑り込みで2100に乗ってそこから1勝することが出来ました。

 

[PT紹介]

f:id:Nitro_Charge:20160229000143j:image

f:id:Nitro_Charge:20160314092730g:plainf:id:Nitro_Charge:20160315210532g:plain

f:id:Nitro_Charge:20160314092512g:plainf:id:Nitro_Charge:20160314092636g:plain

f:id:Nitro_Charge:20160314092814g:plainf:id:Nitro_Charge:20160315210611g:plain

カバルドンで展開していき、場を整えた状態で全抜きすることを目標に組みました。

展開構築なので相手に極力釣り交換をさせずに立ち回っていけるところが環境に刺さっていたと感じました。

一定数いたバトンパに対して強く出れたところや、難しい立ち回りをせずとも勝ちを重ねることができたところが良かったです。

 

[構築経緯]

カバリザX+パルシェンの相性の良さを活かした構築を組んでみたかったことからこの3体から構築を組み始めました。

そこに積み技を搭載したボルトロスと、2枚目のメガ枠としてカバルドン展開と相性が良く、増加傾向にあったガルクレセサザン(ドラン)に勝てそうなメガゲンガーを採用しました。

最後の一枠は以前までは欠伸を二重に展開できるためニンフィアを採用していましたが、クチート軸に対して非常に重かったため、カバルドン展開を阻止してくる水タイプにも一通り強く出れるキノガッサに変更しました。

 

[個別解説]

f:id:Nitro_Charge:20160314092730g:plain

カバルドンゴツゴツメット

腕白

努力値 H252 B84 D172

実数値 215-132-163-×-114-67

技構成 地震/ステルスロック/欠伸/吹き飛ばし

 

この構築の展開要員。

このポケモンで削りを入れつつ展開することが理想であるため、相手のPTを見て行動保証があると感じたら初手に出して展開していく。

一定数見かけたバトンパ、オニゴーリ入りなどに吹き飛ばしが非常に刺さった。

初手で対面したバシャーモギルガルドにやたらと突っ張られたため、地震があって助かった局面が非常に多かった。

 

f:id:Nitro_Charge:20150314190409g:plain

リザードンリザードナイトX

陽気

努力値 H172 A132 B12 D4 S188

実数値

メガ前 175-121-100-×-106-158

メガ後 175-167-133-×-106-158

技構成 ドラゴンクロー/フレアドライブ/竜の舞/羽休め

 

基本的に展開から安全に積んでいく。

陽気にして1舞で意地スカガブを抜いてある理由として、パルシェンにスカガブの処理を一任させず選出の幅を狭めないようにするため。

パルシェンがいるため鋼タイプが絡む選出をされることが多く、それらに対して技を打ち分けられるようにするため逆鱗ではなくドラゴンクローを採用している。

タイプ上火傷しないことは大きく、スイクンや鬼火ファイアローを安全に処理できた。

 

f:id:Nitro_Charge:20160314092512g:plain

パルシェン@ラムの実

意地っ張り

努力値 H124 A252 B4 D4 S124

実数値 143-161-201-×-66-104

技構成 氷柱針/ロックブラスト/殻を破る/氷の礫

 

主にガブリアスランドロスなどのリザードンを対策してくるポケモンを起点にする。

麻痺、火傷で機能停止しないようにラムを持たせたが、ガブリアス対面で殻を破り裏のボルトロスから麻痺を貰うことなく突破できた試合が多く魅力的だった。

鋼タイプがいない構築に対しては非常に強く、パルシェン1匹で全抜きした試合も多かったが、ギルガルドが見えていてもリザードンで倒せそうな場合は選出していた。

起点にすべきポケモンを選出時によくイメージした上でパルシェンを選出できると上手く嵌まった。

 

f:id:Nitro_Charge:20160314092636g:plain

ボルトロス@オボンの実

臆病

努力値 H140 B16 C100 S252 

実数値 172-×-92-158-100-179

技構成 10万ボルト/めざめるパワー氷/悪巧み/電磁波
 
崩し、誤魔化しなど多岐にわたって万能なオボンボルトロス
後述のゲンガーの祟り目と相性が良い電磁波、自身もカバルドン展開から積んでいけるように悪巧みを採用した。
初手に来るジャローダ、ゲンガーに合わせて電磁波をしていったり、電気の一貫がある構築に対し積んで全抜きをしていければ理想的だった。
 
f:id:Nitro_Charge:20160314092814g:plain

キノガッサ@気合の襷

意地っ張り

努力値 A204 B52 S252

実数値 135-193-107-×-80-122

技構成 タネマシンガン/マッハパンチ/岩石封じ/キノコの胞子

 

カバルドンを見て出てくる水ロトムゲッコウガ、構築単位で重いクチート軸に強いキノガッサを採用。

初手に出しやすく、ストッパーとしての役割もあったためニンフィアから変更して正解だと感じた。

Bに多少振ってあるため襷ガッサミラーにも比較的強く、選出時点での圧力も高いため使いやすかった。

 

f:id:Nitro_Charge:20160216145737g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

臆病

努力値 CS252 B4

実数値

メガ前 135-×-81-182-95-178

メガ後 135-×-101-222-115-200

技構成 祟り目/気合玉/催眠術/身代わり

 

カバルドン展開から負荷をかけていけるようにCS。

身代わりはカバルドンの欠伸とシナジーが良く、催眠や気合玉の試行回数を稼げるため便利だった。

増加傾向にあったガルクレセサザンに強いところが魅力的だった。

気合玉の枠はヘドロ爆弾にする予定だったが、あまりにも撃つ機会がなかったためガルーラ、バンギラスサザンドラに対して打点がある気合玉にしたが、前述したようにガルクレセ@1のような並びに強く出れたところが良かった。

基本的にクレセドラン絡みの構築や受けループに出していく。

もちろん初手から展開なしで催眠術を打つと外すだけで負け筋になってしまうため、カバルドンの展開から身代わりを貼って催眠術の試行回数を稼ぐようにしていた。

 

[戦績]

最高/最終レート2117(75位)

f:id:Nitro_Charge:20160315211559j:plain

f:id:Nitro_Charge:20160315210838j:plain

 

[まとめ]

コンセプトが明確な構築であるため勝ちのビジョンが見えやすく自分にとって使いやすい構築でしたが、負けに直結してしまうプレミが多かったことが反省点です。

バトンタッチや釣り出しを多用した構築が増えているなか、それらに対してサイクルを極力回さずに安定して立ち回ることができました。

各々の選出誘導力が非常に強く選出が読みやすかったのですが、後ろに控えているラムゲッコウガキノガッサにやたらとボコボコにされたため、改善するとしたらそこに対して重きを置くことが重要でした。

2期連続2100+自己最高レート更新という目標が達成でき、満足のいく結果となりました。

 

f:id:Nitro_Charge:20160315040623j:image

ここまで読んでいただきありがとうございました。

何かあればコメントかTwitter(@Nitropoke)までよろしくお願いします。